肉料理

味つけは塩とニンニクだけ、簡単にできる鶏肉とジャガイモの塩煮

母が「鶏肉とジャガイモの塩煮が食べたい」と言うので、さっそくあの簡単な塩煮が晩ゴハンになりました。 なぜ「あの」と書いたかというと…実は一度作ってからもう何十回となく母のリクエストが来ていて、ほとんど毎回一時帰国のたびに作っているから...
肉料理

レモンとセージがほんのり香る、驚くほど柔らかい鶏もも肉のベイク

新年明けましておめでとうございます! 今年もどうぞよろしくお願いいたします。 日本に一時帰国する前に冷蔵庫一掃の料理を作りました。 冷蔵庫にはいつも「使わなければならない野菜」などがゴマンと詰まっていて、それはバンコクだろ...
肉料理

ジューシーなポークチョップはタイム風味のガーリックバターが決め手

日本ではあまりお目にかかれませんが、オーストラリアでは骨付きの豚肉は適度に脂が入っていて美味しいし、またバーベキューにも適しているのでスーパーでもよく売られています。 ただしスーパーのものは写真のように骨をきちんと残しているも...
肉料理

ちょっと変わった醤油味レシピ、中華風ローストチキンで祝うクリスマスの晩

今年のクリスマスはどんなディナーにしようかと考えていました。去年は味噌バター味ローストチキンだったので、今年は普通の西洋風チキンでもいいと思い始めた矢先、実はその数日前の飲茶でちょっとひらめいたのです。隣のテーブルで中華ちまきを食べているグ...
野菜料理

サラダドレッシングは手作りが一番、和風ドレッシングからヴィネグレットまで

サラダドレッシングは、簡単だからという理由で世界中どこでも瓶のドレッシングを振りかけることが多いようです。ドレッシングを手作りするひとは全体の2割という記事をどこかで読んで、なるほどなあと思いました。 わたしももちろん使いますが、どちらか...
垂涎の日々

クリスマス狂騒曲

バンコクに住んでいたときには、ほとんど毎年クリスマスのたびに七面鳥を焼いていました。 10人ほどの客を招待してのパーティは、フルコースのメニューですから、「仕込み」も結構時間のかかるものです。 焼く1週間ほど前に8kgほどの...
肉料理

オーストラリアの定番パブ料理:ビールで煮るラム肉のパイ包み

前日に作ったラムもも肉のローストはもちろん大量に余ったので、3日後ぐらいに今度はそのロースト肉を使ってパイにしました。ポットパイ(Pot Pie)とも言いますが、甘いデザートのパイと違い、耐熱容器にラムシチューを入れてから上からパイ皮をかぶ...
肉料理

がびんちのラムもも肉ローストのレシピはたっぷりのハーブとスパイスで

オーストラリアに来るまでは、あまりラム肉を食べたことがありませんでした。いや、スイスに住んでいたときにはローストをしたり、薄く切って焼き肉にしたりしていたのですが、タイに住むようになってからは、手に入らないので自然に食べなくなってしまったの...
前菜・おつまみ

バルサミコ酢のローストベジタブルはおつまみにも付け合わせにも

オーブン料理のいいところは、二段にして肉を焼きながら下段で野菜もローストしてしまえるところです。もちろん肉よりはるかに早く焼けてしまう野菜は、時間を計算しながらオーブンに入れなければなりません。 今回のローストベジタブルは、実...
肉料理

レモンとタイムの絶妙なマッチングでチキンソテーを

料理用のハーブのひとつにタイム(Thyme)があります。香りのよい小さな葉と花を持っていて、日当たりのよい場所に植えれば1年中手軽に料理に使えます。わたしの家の庭にもありますが、今回はバンコクで調理していますので外国人用のスーパーで購入しま...