肉料理

柔らかい豚ヒレ肉のダイアンソースでちょっとおしゃれな晩ゴハン

ダイアンソースというのはアメリカ肉料理のひとつで、普通は牛ステーキを焼いてからその肉汁にクリーム、バター、コニャックなどを加えて作るリッチなソースのことです。 今日はこれを豚ヒレ肉で作ってみました。豚ヒレは脂肪が少なくてどんなに焼いても固...
前菜・おつまみ

アボカドとニンニクのおつまみ小鉢

アボカドは最近では日本のスーパーでも安くなって手に入りやすいですね。 これがあると、パンに塗って食べたり、サラダに入れたり、また半分残ったアボカドでおつまみもささっとできるのでとても便利です。 以前も、こんなふうなオーストラリア風の...
肉料理

鶏もも肉のマヨポン焼きはさっぱりしているけれど驚くほど柔らかい

バンコクに着いたのはちょうどソンクランの真っ只中、外に歩いて出たら必ず水鉄砲を持った近所の子供たちに水をぶっかけられるので、車以外では外出さえしませんでした。 昔はバンコクの中心街では「水掛け禁止」などという警察のお達しが出ましたが、それ...
スポンサーリンク
肉料理

大葉と梅の香るナスの豚バラ巻き

猛暑の続くバンコク。 一昨日など体感温度が49度にまでなったそうで、普段はテクテクと歩くのが好きなわたしもさすがに一度で懲りて、ここ数日は車を使っています。それでも出かけると数時間でぐったりとなり、ヨロヨロと家に帰り着いてしばらくエアコン...
垂涎の日々

仕事の鬼のマドレーヌ

バンコクに「里帰り」すると、待ってましたとばかりにたまった仕事(と言ってもサインをしたり、手紙の編集ぐらいですが)を渡してくれる秘書がいます。 実は会社を興したときからいる古株で、実際の肩書きは総務マネージャーなのですが、細か...
肉料理

砂肝のピリピリみそ和えは長く苦しい下ごしらえのあとのご褒美なのだ

わたしは砂肝が大好きです。 たぶんあの食感がコリコリと刺激的だからだろうと思いますが、とにかくどこに住んでいても必ず探し出して食してきました。フランスでもスイスでもタイでも、そしてオーストラリアでも。 まあ、タイ以外はどこで...
肉料理

鶏もも肉のネギ塩だれはレシピよりもまず肉を柔らかくすることから始まる

何となく和食が続いていますが、これはバンコクに日系スーパーなどというものがあって、日本と同じような食材がゴマンと並んでいるからなのです。 こういうときは運と気分にまかせて和食。 ということで今日の晩ゴハンは鶏もも...
肉料理

おつまみにも晩ゴハンにもいい和風ミニハンバーグはおろしポン酢でさっぱりと

バンコクに帰ってくると、日系スーパーの精肉売り場がパースと違うことに気づきます。 かたまり肉がとても少ないのです。かたまりという大きさは大体800グラムどまりで、たぶん焼豚に使うのでしょう。それに代わって目立つのが薄切りの肉です。パースだ...
肉料理

妹がいつも作ってくれる豚肉のショウガ焼きレシピで久しぶりに一汁三菜

今ドラマで評判になっている「きのう何食べた?」で何でもない日常の晩ゴハンを見ていたら、急に和食、それも定食風に一汁三菜にしてみたくなりました。 日本に滞在しているときは実家で母と一緒ですから、必然的に柔らかいものや細かく切った...
前菜・おつまみ

イチジクの生ハム巻きにブルーチーズを載せて…オーストラリアでは秋の気配

西オーストラリアの州都パースでは、すっかり秋になったようです。 気温も22−24度ぐらいまでしか上がりませんし、最低気温は10度をちょっと越えるぐらいです。 イチジクは夏の終わりから秋の始めにかけて市場に出る果物ですので、こ...
スポンサーリンク