野菜料理

南フランスの具だくさんサラダ・ニソワーズはおもてなしの前菜にも一皿ディナーにも

サラダ・ニソワーズというのは「ニース風のサラダ」という意味で、南フランスのニースの名を冠した具だくさんのサラダのことです。 フランス語ではサラド(Salade)なので、実はサラド・ニソワーズ(Salade niçoise)ですが、ネッ...
魚介料理

海老と野菜がたっぷり入ったクスクスは「緑のハーブオイル」が決め手!

ペスト・ジェノベーゼはよく作るし、沢山作ってひとにプレゼントしたこともあります。先日書いたレシピがコレでした。つまり、イタリア料理のバジルペーストのことです。 でも、日本だと生のバジルはほんの少しだけで目が飛び出るほど高いし、...
肉料理

簡単なレシピの気軽なバーベキューはビールを飲みながら焼いてもらうのがいい

昨日電話をとったら、仕事でずっと北のほうに住んでいる友達が1週間だけ帰ってきているそうです。それなら絶対日曜日に呼ばなければと思いましたが、土曜日はオペラの野外コンサートの夜だったので、何も用意していません。 でも、運良く昨日...
スポンサーリンク
野菜料理

チキンとキヌアのカラフルなサラダのワンプレートディナーで、心も胃も「ダイエット」仕様に

クリスマスから正月にかけての暴飲暴食が尾をひいて、いやに腰回りがキツイ。これはなんとしても少しは元に戻さないと…。 というわけで、サラダです。と言っても、冷蔵庫の残り野菜を彩りよく並べただけ。 2日前に作った鶏肉のグリル...
肉料理

フライパンで簡単に作れる本格的な仔牛肉のスカロッピーネ

薄く切った肉を、小麦粉などをつけてささっと焼く。 薄くと言っても、日本のように後ろが透けて見えるほど薄く切ってあるわけではありません。これが「スカロッピーネ」、またはフランス語で「エスキャロップ」と呼ぶ料理です。クリームソースをかけたり、...
垂涎の日々

手作りのアイリッシュクリーム

ベイリーズ(Baileys)というアイリッシュクリームが、わたしは昔から大好きでした。 その濃厚なクリームに強いアイリッシュウィスキーをミックスした味は、舌にほろ苦い甘さを残し、デザートの代わりになると言ってもよいくらいなのです。 ...
肉料理

フライパンひとつでできる鶏もも肉とジャガイモの簡単ディナー

わたしはフライパンというと重い鉄製のものからテフロンまで色々と持っていますが、これは使い分けができるからです。 例えば重い鉄製のものは油をひいてからしまっておきますが、これで焼いたステーキはとんでもなく美味しいのです。また、炒めものの...
肉料理

ル・クルーゼで簡単にできるギリシャ風チキンキャセロール

をキャセロールというのはフランス料理の煮込み料理のことです。コック・オー・ヴァン(鶏肉の赤ワイン煮込み)もこれですね。鍋に全ての材料を入れてトロトロになるまで煮込むだけです。 時間をかけて煮込んでいるうちに野菜と肉の旨味が出てくるわけ...
米とパスタ

ランチにはささっと15分で作る味噌バターのカペリーニ

何だかパスタ続きですが、きちんと野菜も摂っています…ということを伝えたいがために、ランチに野菜パスタを。 東京の実家に滞在しているときもそうですが、ランチにはささっと焼きそばや焼きうどんなどを作ることが多いですよね。日本には混ぜるソー...
肉料理

がびんちのビーフ・ストロガノフはステーキ肉を使って美味しく

マッシュルームのクリームソースに牛肉、仔牛肉、仔牛レバーなどを合わせるのは、ヨーロッパでもよくある料理だけれど、名前は国により違います。そして、もうひとつの違いは「付け合せの炭水化物」なのです。 スイスではよくロシュティなどのジャガイ...
スポンサーリンク