おもてなしからひとりゴハンまで簡単レシピはがびのキッチン@オーストラリアで

ポテトチップスよりヘルシーで美味しいおつまみ:ひよこ豆のポリポリ

ひよこ豆はスープに入れてもよし、タヒニと混ぜてフムスにしてもよし、付け合せに混ぜ合わせてもよし、の万能豆です。
日本語ではかわいらしく「ひよこ豆」ですが、英語だと「Chick Pea」だから「ニワトリ豆」ですね。

固い乾豆も売っていますが、一晩漬けておいてから茹でなければならず、めんどくさがりのわたしはよく缶詰を買います。それに缶詰だと、保存もできるうえにすぐ調理できるのがいいですよね。

このひよこ豆の缶詰を使って、今日は簡単なおつまみを作ってみました。

お酒のお供のおつまみには、ポテトチップスがよく合いますが、これは油も多くてあまり身体によくありません。ひよこ豆のオーブン焼きなら、油も少なくて済みますし、なにしろ軽くて美味しいです。

まず、ひよこ豆の缶詰の水を捨て、乾かしてキッチンタオルで水気を吸い取ります。必ずしっかり乾かしてください。濡れているとカリカリにローストできませんので。


そしてボウルにいれてから、大さじ1のバージンオリーブオイルをまぶしてから塩コショウします。そしてクーミンをまぶし、175度のオーブンで30分焼いただけ。

 

 

カリカリポリポリで、特に焼き立ては美味しくてちょっと食べすぎてしまうこともあります。缶詰1缶だけあれば、すぐにできるおつまみです。

スパイスはクーミンだけではなく、パプリカ、にんにくパウダー、ローズマリー、タイムなど、色々と試してください。
きっと自分のお好みの味が見つかるはずです。

 

 

今日は冷やしておいた白ワインのMount Pleasant Elizabeth Semillonで、庭で夕方の一杯。
すっきりとした辛口ワインはクーミンの効いたひよこ豆のポリポリによく似合います。