おもてなしからひとりゴハンまで簡単レシピはがびのキッチン@オーストラリアで

フレッシュでも冷凍でもブルーベリーでも! 簡単ストロベリーケーキのレシピ

会話試験を終えて帰ってきた土曜日。
まだ午後も早かったので、なんとなく作りたくなったケーキ…と言っても「がびのケーキ」なので簡単じゃなきゃイヤ。

 

昨日安くなっていたイチゴを買ってあったので、これをつかってストロベリーケーキを作ることにしました。
あ、実は今はまだ冬のオーストラリアですので、そろそろイチゴが出てきたのです。春は近い…という季節が反対の南半球ですので、お見知りおきを。

 

 

さてと。

切って混ぜて焼くだけのケーキです。いつものことですが。
動画にしてみようかとも思いましたが、ライトだの角度などがめんどくさくて画像のみです。でも、細かい手順は写真でもわかると思います。今回はバターを使っていません。カノーラ油だけ。これはサラダ油でもかまいません。

 

一番人気の「もっちりしっとりアップルケーキ」のレシピはコチラから。

 

もっちりしっとりのアップルヨーグルトケーキは切って混ぜて焼くだけ

 

まずは砂糖。入れたくないけどこれを入れないときちんとふくらまないのがケーキの特徴。
ここに卵を2個入れてよく混ぜます。ふわふわまで混ぜないで、2分、トロトロぐらいかな。

 

 

お次はヨーグルトです。わたしは無糖のギリシャヨーグルトを使いましたが、これは普通のヨーグルトよりもっとこってりしています。友達はギリシャヨーグルトが冷蔵庫にないときは、サワークリームでも十分と言っていました。

わたしは日本のブルガリアヨーグルト(無糖)でも美味しくできると思います。

 

 

 

それからバニラエッセンス、カノーラ油(またはサラダ油)、削ったレモンの皮を次々に入れて混ぜ合わせます。
順番は適当で結構です。

 

混ぜる材料はまだ続きます。
次にレモン汁。
そして塩ひとつまみとベーキングパウダーを混ぜた小麦粉をふるいにかけておきます。これを3回ぐらいに分けて混ぜ合わせます。

これで生地ができました。
下にオーブンシートを敷いて粉をふるっておいた型に半分量を入れて、平らに延ばします。

 

 

イチゴはサイコロに切っても、スライスしてもいいと思います。
わたしが買ったイチゴはかなり大きかったので、サイコロに切りました。そしてまんべんなく置いてから、今度は残りの半分の生地を平らに延ばします。

 

最後にスライスしたイチゴを並べて、ちょっと押し付けます。そして、180−190度に熱したオーブンに入れて50分焼きます。
初めて焼くときは、たまにチェックしてくださいね。焦げそうだったら上にアルミホイルをふんわりとかぶせます。どのオーブンにもくせがありますので。

 

串をさして何もついてこなかったら、できあがりです。
まだ型から外さないでください。15分ほど待ってからです。それからラックの上で冷まします。

 

 

十分に冷めたら、今度は粉砂糖を茶こしなどでふりかけます。そうすると…こんな感じになります。

 

 

今の時期、イチゴは冷凍ですよね。
または、ブルーベリーの冷凍でもできます。もちろんリンゴでもかまいません。

基本の生地さえできたら、あとはお好みで。

 

 

夏だったらアイスクリームを添えて、そしてオーストラリアのように冬だったら生クリームを添えて供すると、すてきなおもてなしになると思います。
ぜひ、お試しを。