おもてなしからひとりゴハンまで簡単レシピはがびのキッチン@オーストラリアで

「揚げないとんかつ」でほんの少しダイエット風…千切りキャベツをたくさん添えて

いけないとは思いながらも、わたしは揚げ物が大好きです。
そして、大好きであるからにはなんとか油の量を控えめにしたいと考えています。

 

よく作るのはこちらの「鶏むね肉のシュニッツェル」です。こちらはパン粉にパルミジャーノチーズを混ぜて、そのまま肉につけ、オーブンで焼きます。

 

鶏むね肉のシュニッツェル2 油を使わないヘルシーな鶏むね肉のシュニッツェルでちょっとダイエット気分

 

でもたまには「日本のとんかつ」も食べたくなりますよね。ですから、「揚げないとんかつ」。わたしの家では最近ではこればかりです。
揚げ物をすると、夏は暑くて気が狂いそうになりますが、これは実はパン粉をオリーブオイルで炒めておくことで、色をこんがりと揚げたように見せられます。オーブンを使うので、揚げ物で汗をかくこともありません。

 

肉はいつものようにロースを使います。
叩いて少し平たくしてから、塩コショウ。そして、そのあとは普通のトンカツのように小麦粉をはたき、生卵にくぐらせ、その炒めておいたパン粉をつけてから、オーブンで焼くだけです。

 

あらかじめオリーブオイルをたらして炒めてあるので、パン粉はいい色に仕上がっています。
かじってみると、カリカリ。揚げたとんかつとあまり変わりません。

 

 

先日はその残りのパン粉をつけただけの冷凍とんかつをまたオーブンで焼いて、カレーに載せてみました。
煮玉子もあったのでそれもついでに。

 

 

久しぶりにカツカレー。嬉しくてつい野菜はカレーの中のニンジンと玉ねぎだけということに気づきました。
たまにはいいよね。