おもてなしからひとりゴハンまで簡単レシピはがびのキッチン@オーストラリアで

牛ひき肉で手軽に美味しくビーフ・ストロガノフ

ビーフ・ストロガノフはロシアの牛肉料理ですが、ヨーロッパでもとても人気があります。

 

スイスにもツルヒャー・ゲシュネッツェルテス(Zürcher Geschnetzeltes)というよく似たチューリッヒの郷土料理がありますが、こちらはロシュティーというじゃがいも料理が添えられています。

 

それとは違い、このビーフ・ストロガノフは普通平たいパスタにかけて食べることが多い料理です。クリームソースなんて難しそうと思うかもしれませんが、実は以外に簡単に30分もかからずにできてしまいます。

 

それに、牛ひき肉があったのでそちらで作ってしまいました。もちろん牛肉の角切りは美味しいですが、牛ひき肉はとても安くて色々な料理に使えるので、冷凍庫に常備してあるんです。美味しさは変わらず。

 

 

まず、ニンニクと玉ねぎをみじん切りにしておきます。
そして、大さじ1のオリーブオイルを熱したフライパンで、ニンニクと玉ねぎを透き通るまで炒めます。焦がさないように。

 

そこに今度は牛ひき肉をほぐしながらいれて炒めます。火は強火にしてください。ひき肉が大体色が変わったら今度はマッシュルームのをスライスして加え、しんなりするまで炒めます。

 

中火にしてから、トマトペーストを加えます。これがあるのとないのとではコクが違うのでわたしは必ず入れます。それから塩コショウし、タイムを刻んで加え、小麦粉を大さじ3杯上から振りかけて1分ほど混ぜ合わせます。

 

 

 

今度はビーフストックです。キューブのコンソメでもかまいません。コンソメなら湯に溶かして1カップ。それを注ぎます。
混ざったら、クリームとギリシャヨーグルト(または無糖ヨーグルト)を入れて混ぜ、ウスターソースを加えます。

 

 

普通はクリームとサワークリームを混ぜて使いますが、それだとちょいとカロリーが多すぎるので、今回はやはり冷蔵庫にあったギリシャヨーグルトを使いました。

 

 

あとは、2−3分コトコトと煮て、味をみてから塩コショウを足してください。
これだけです。

 

 

ソースを作っている間に、平たいパスタ(つまりフェトチーネかタリアテッレ)を茹でておけば、絶対に30分でできてしまうスピード料理です。
こってりとしていて、ちょっと酸味のあるクリームソースをからめると、パスタを食べすぎて困りますけど。

 

それに今回はセールのときに買っておいた牛ひき肉を使ったので、とても安くできてしまいました。オススメです。