おもてなしからひとりゴハンまで簡単レシピはがびのキッチン@オーストラリアで

完成まで長い道のりだけど調理時間は短い:美味しい韓国牛骨スープ「ソルロンタン」

わたしのネイリストは韓国人なので、よく韓国料理の話をします。
先日のネイルチェンジで、「ねえ、ソルロンタンを作ろうと思うんだけど」と言ったらネイルの手をハタと止め、わたしの顔をじっと見つめました。

 

「あなた、ソルロンタンってどんだけ時間がかかるか知っているの? 5時間以上よ! ガス代がもったいない! 家の中が肉臭くなる! そんな長い時間をかけるより、あとでスープの素をあげるから!」

…と諭され、友だちがくれたという韓国スープの素をもらって帰ってきました。

 

 

いや、これだって色々なスープの素が入っていてとても美味しそうなんですけどね。
学期休み中ぐらいしか、こんなに長い時間をかける料理なんてできないので、やっぱり一大決心のソルロンタン。

 

まずは、牛骨です。こういうものはコチラにもあります。スープは万国共通ですからね。
これを1時間以上冷たい水にさらして血抜きをします。水は結構赤くなります…。

 

それからひたひたになるくらいの水を入れて、沸騰させます。煮込みの前段階です。
蓋はしません。

 

 

沸騰したら骨を取り出し、湯を捨てて鍋を洗い、骨も洗い、また鍋に戻します。
これからがホンバンです。
水をもう一度ヒタヒタにいれて沸騰させます。

 

沸騰したら、中弱火にして今度こそコトコトと煮込みます。
オーブン可の厚鍋(例えば、このル・クルーゼなど)だったら、150度のオーブンにブチ込めば家の中が肉臭くなることもありません。そしてここからが長いです。5時間以上。時々チェックして、湯が少なくなったら足してあげてください。

 

 

そして、ここでわたしは気づきました。
「骨だけじゃなくて肉も入れなきゃ食べるところがないじゃないか」と。

 

さっそくスーパーにすっ飛んで行って、煮込み用の安い牛肉を買ってきました。そして、血抜きを1時間。すでに鍋の中は2時間以上たっていますが、ええい、かまうことない、その中に適当に切った牛肉を入れてまたオーブンの蓋をしました。

 

そうしたら…こんなふうになんだか濁った白いスープができあがります。塩コショウして、ネギをたっぷり散らします。
わたしの場合は、結局下茹でを入れないで、7時間煮ました。すごいでしょ。

 

スープボウルに入れるとこんな感じになります。

 

 

白飯はもちろん炊きました。
そして、付け合せにはちょっと韓国料理もどきのナムルを。

 

エノキダケはごま油で炒めて塩コショウしただけですが、箸休めにいいと思います。
そして、もうひとつはズッキーニのナムルです。このレシピは以前ブログ記事にもしました。コチラです。

 

ズッキーニのナムルは簡単にできるのに箸休めにも酒のつまみにもイケる小さなおかず

 

 

 

初めて作った感想としては…「もっと色々なところの骨を沢山入れればよかったし、肉も始めから入れておけばよかった」ですね。骨が多かったら、スープの味も濃くなりますし、肉からスープも出ますし。沢山つくっても冷凍しておけますから、余ることもありません。

 

それでも、とても美味しかったです。コクもあり、白飯と一緒に食べると格別です。オーストラリアは今冬ですので、身体も温まってよかったです。
ただし、こんなに時間がかかる料理はもちろん1日中家にいるような休暇中にしかできませんよね。