おもてなしからひとりゴハンまで簡単レシピはがびのキッチン@オーストラリアで

ぱっぱっと振りかけるだけでギリシャの味…がびの乾燥スパイスミックス

わたしの家には沢山のスパイスがあるけれど、いつも使うスパイスというものもあります。
その代表的なのが、先日レシピをアップしたこの「がびんちのひみつの塩」。

 

がびんちの自家製「ひみつの塩」はハーブと隠し味入りで洋食の万能調味料

 

これなんかもう何にでも使っちゃっている万能調味料ですが、「ちょっとギリシャ風に」とかちょっと「イタリア風に」なんぞという、ちょっとその料理に合ったスパイスをミックスすることもあります。こういうスパイスミックスは結構高価ですし、それなら普通のいつも使うスパイスをささっとミックスして容器に入れておけば、何本も並べて振りかける必要もありません。

 

 

ま、要するに、早く作って食べちゃいたいときのためのミックスです。
今回は、その中でもギリシャ風のスパイスミックスのレシピです。全てドライハーブを使っているので、家に置いてあるスパイスで簡単にできます。スパイスを揃えると、ちょっと変わった味の晩ゴハンもできますし、こうやってミックスして万能スパイスを作ることもできますし、楽しいものです。

 

塩はわたしの家ではピンクソルトです。粒子が細かくて材料への馴染みがよく、味が普通の塩より舌に柔らかく感じられます。

 

あまりにも沢山のスパイスが並んでいるので、びっくりするひともいるかもしれません。でも、シナモンやナツメグはお菓子作りにはよく使いますし、オレガノはピザに、タイムやバジルはパスタなどにも使います。揃えておくと便利です。

 

上のリストにないのはコショウだけですが、それはどこの家にもありますよね。
このスパイスは何にでも振りかけて大丈夫です。塩コショウが入っていますから、もう少し塩を効かせたいひとはあとから少し足してみてください。

 

これだけかけて、オリーブオイルをたらし、あとはコーンスターチまたは片栗粉をまぶしてグリルしたりローストするだけで、手羽先のギリシャ風でおつまみのできあがり。

または、白身魚にまぶしてからグリルし、オリーブのスライスなんか添えれば、魚のギリシャ風。茹でたジャガイモを添えます。

 

牛肉のステーキにこれだけささっとかけて焼いても美味しいです。
あ、それから、サラダにもいいですよ。オリーブオイル大さじ1とワイン酢またはバルサミコ酢大さじ1/2を混ぜ合わせれば、ギリシャ風サラダになります。オリーブを数個放り込むのを忘れずに。

 

 

色々と試せるところがスパイスミックスのいいところ。わざわざその場でスパイスを混ぜなくてもいいのは、忙しいひとたちにも最適だと思います。