おもてなしからひとりゴハンまで簡単レシピはがびのキッチン@オーストラリアで

茎まで柔らかく食べられるブロッコリーニ(スティックセニョール)の小鉢

ブロッコリーニが日本で開発された新種だとは、今まで知りませんでした。

日本で初めて見たのは前回の一時帰国。妹と一緒に買物に行ったとき、「サカタ」と書いてあるブロッコリーニがあったのです。妹も全く知らず、「なにこれ?」とびっくりしていました。
株式会社サカタのタネが開発し販売している野菜で、ブロッコリーとカイランを合わせた新種だそうです…が、オーストラリアでは普通のスーパーでよく見る野菜なので、開発された日本であまり知られていないとは。しかも東京ですし、わたしのほうこそびっくりしてしまいました。

妹は初めて食べて、いっぺんにファンになったそうです。ブロッコリーより柔らかく、茎まで美味しく食べられますので、当然かもしれません。

 

 

ブロッコリーニは茹でてもいいし、炒めてもいいし、かなり頻繁にわたしの食卓にのぼる野菜です。こんな形をしていますが、近所のスーパーか八百屋で探してみてください。

 

 

さて、今日はおつまみとして、というより添え物の小鉢として煮豚を作ったときに出しました。「小鉢」ではなく「大鉢」でドーンと真ん中に置いて客人たちとつまんだのです。

 

こんなに簡単にできていいのか…と思うくらい簡単で豪華な煮豚はいかが?

 

フライパンに油(わたしはいつもオリーブオイルです)を熱し、そこに洗ってひとくちサイズに切ったブロッコリーニを入れて炒めます。色が変わるくらいまで炒めて、塩コショウして、水を適量入れて蓋をし、蒸し焼きにしてください。

しんなりして茎の部分が柔らかくなったらできあがりです。
カレー粉を振って、全体にカレー粉がまわってよい香りがしたら火を止めます。

ここからは好みですが、好きなだけマヨネーズを加えて混ぜてください。わたしはこのあと煎りゴマをふりかけます。

 

 

マヨネーズは色々なソースと合うので、今回はカレー粉ですが、醤油や味噌やわさびなどと合わせてもおもしろいものです。試してみてくださいね。