おもてなしからひとりゴハンまで簡単レシピはがびのキッチン@オーストラリアで

おつまみは砂肝のネギ塩で一週間の活力に…

 

ちょうど帰宅時間に大渋滞に引っかかり、雨降りのこともあって普通35分の道のりを1時間以上かかってしまいました。あまりの退屈さに大音量で往年の荒井由実のアルバムを一緒に絶叫しながら帰宅。  

 

何もしたくなかったのですがそうも行かず、取りあえずまたもや冷蔵庫を開けてみました。砂肝は今週中に食べようと買ったもの。よし、これだ。  

 

砂肝はわたしの好物のひとつですが、日本と違ってこちらの砂肝はかなり虐げられています。何しろ肉売り場の片隅、それも犬猫用の肉類の横にあるのですから。そして開けてみるとわかりますが、下処理がまったくされていません。つまり、買ったはいいけれど食べられるまでに気の遠くなるような処理時間がとられるのです。まずきれいに洗い、ゴミをとり、くっついている脂をはぎとり、筋をこそげとります。これだけで嫌になるので、もちろん白ワインをどぼどぼとそそぎ、好きな音楽をかけ、30分かけて切るのです。  

 

でも、ここからは早いですよ。 まずカノーラ油とごま油を半々をフライパンに熱し、ニンニクのスライスを入れ、香りが移ったら取り出してしまいます。すぐに焦げてしまうので。そこに下処理をした砂肝をどさっと加え、強火で炒めます。強めに塩コショウしてさらに炒めている間に、スプリングオニオンと呼ばれる細い青ネギをとんとんと薄い輪切りにして、待機。最後にざざっと混ぜ合わせてできあがりです。  

 

こういうおつまみを作ると誰かとイッパイやりたくなりますが、今週はこれから始まるのでがまん、がまん。でも、砂肝のおつまみは塩味を強くしたので保存がきくし、なんせ数日使えるほどたっぷりつくったのでまだまだ楽しめそうです。ちなみに、わたしの「たっぷり」はいつも500グラムと1キロの間ぐらい。