おもてなしからひとりゴハンまで簡単レシピはがびのキッチン@オーストラリアで

豚バラ大根は肉だけじゃなく味の染みた大根も汁もウマいなあ

日本はさすがに暑くなってきたようですが、こちらオーストラリアは季節が反対ですから、もう寒くて寒くてとうとうガスヒーターも出しました。
エアコンじゃすぐに温かくなりませんからね。  

 

そして、そんなときに登場するのが大根です。
10年ほど前には大根など見たこともありませんでしたが、最近ではアジア食品店ではどこでも売られるようになって、大根おろしにしたり煮物にしたりと活用しています。  

 

日本のものより小さくてこんな感じです。でもあまり辛くもなく大根おろしにも最適なんです。

 

 

さて、今晩はこの大根と豚バラ肉を使って、懐かしい豚バラ大根を。

 

豚肉は3−4センチに切り、大根はいちょう切りにしておきます。あとはネギをザク切りにし。ショウガはひとかけをスライスにし、赤唐辛子もスライスです。  

 

合わせ調味料は、醤油、酒、みりん、砂糖の馴染み深い材料です。これは、事前に合わせておいてください。

 

そして、まずサラダ油(またはオリーブオイル)を厚いなべに熱してからショウガを香りが出るまで炒めます。そこに豚バラ肉を一度に入れて炒め合わせます。豚肉の色が変わり始めたら、今度はネギと大根を入れて混ぜ合わせます。ここまではずっと強火ですよ。

 

 

なべに水をヒタヒタになるぐらいに注ぎます。
鍋の火は強火のままですが、煮立ってきたら中火にします。アクが出てきますから、お玉で丁寧にすくい取ってください。 アクがある程度なくなったら、最後に合わせ調味料を加えます。このまま中火で煮てください。

 

 

大根が柔らかくなるまで、だいたい20分から30分ぐらいかかります。 大根が透き通って箸がすっと通るくらいになったら、できあがりです。

わたしはほんの少しピリリと味を引き締めたいので、火をとめる5分前くらいに唐辛子を入れます。

 

 

あとは器に盛って食べるだけです。
豚バラ肉の脂がほどよく汁に出ていて、その汁が染みた大根の美味しいこと!

 

こういう日本の煮物を作ると、なんだか日本の実家を思い出します。今は年老いた母が独り暮らしですが、昔は五人家族で食卓を囲んでいたのです。懐かしいな。