おもてなしからひとりゴハンまで簡単レシピはがびのキッチン@オーストラリアで

カボチャとツナのおつまみでもう少し飲んでしまおうか

 

ツナと野菜で和えるのが和食で最近流行っているようですので、わたしも真似っこしてみることにしました。ちょうどカボチャがあったので、先日友達を呼んだときにおつまみとして出した「かぼちゃとツナのおつまみ」です。

 

こういうおつまみがあるとちょっと飲みすぎてしまうのが難点。沢山つくって次の日にもおつまみにしたり、ランチに添えたり、3日ぐらい楽しめますので沢山作っておきましょう。

 

先日作ったときには量が多かったので、一度にオーブンでローストしてからフライパンでツナソースと和えましたが、今回は少ない量で全てフライパンで作ってみました。日本の家庭ではこういうふうにするほうが多いのではないかと思います。オーブンを使うときは、200度に温めておいてカボチャのスライスを天板に並べてオリーブオイルのスプレーをしてから一気に焼いてください。薄いスライスですので、15分もあれば柔らかくなります。

 

 

カボチャはまず5ミリぐらいの薄切りひとくちサイズに切ります。それから油をひいたフライパンで両面焼きめがつくまで焼いてください。そして、焼き上がったらフライパンから取り出します。フライパンはささっと洗ってください。

 

さて、ここからはフライパンでカボチャを焼いてもオーブンを使っても同じです。

 

 

まず、少し油を切ったツナを炒めて、鶏ガラスープのもとを足します。鶏ガラスープ顆粒でなくても、中華味のもとなら何でもかまいません。そして、用意しておいたタレをざっとまわしかけ、煮立ったらカボチャを戻してからめるだけです。皿に盛ったら、白ごまをふりかけてできあがりです。
簡単でしょう?

 

わたしはシラチャソースをタレに入れていますが、日本ではあまり馴染みがないようですね。
このソース、タイの小さな街が発祥で、唐辛子とニンニク入り。ものすごく辛いわけではないので、アメリカで爆発的人気になりました。日本のマヨネーズと同じで、何にでもかけるシラチャファンも多いのです。

 

オリジナルは輸入品ですが、日本のユウキ食品からももう少しやすいシラチャソースが出ています。

 

さて、焼き立てはホクホクとしていていくらでも食べられますし、冷めてもそのままおつまみにできます。カボチャがあったら作ってみてください。きっとまた作りたくなりますよ。