おもてなしからひとりゴハンまで簡単レシピはがびのキッチン@オーストラリアで

豚バラ肉のネギ塩だれにレモン汁をぎゅうと絞る…シンプルなのにとびきり美味しい

 

オーストラリアには、日本で見るような薄切り肉というものがありません。
いや、ないというわけではなく韓国食品店などに行けば冷凍で焼肉用の薄切り肉がありますが、普通のスーパーや肉屋にあるのは数キロの巨大なロースト用かたまり肉や1枚300グラム以上あるステーキ肉がメインです。

 

ところが、オーストラリア在住の方の情報では、Colesという大型スーパーには薄切り豚バラ肉があるというのです。さっそく行ってみたらありました!

 

100グラム約200円程度の薄切りです。…うーん、薄切りというよりは厚みは日本のものの倍はありますね。それでも、今までこんなふうなカットはなかったので、わたしとしては精肉売り場で小躍りしたくなるくらいです。ちなみにこちらでは豚バラ肉はPork Bellyと言います。

 

[ad]

 

さっそく家に帰ってから万能ねぎを2本薄切りにし、ニンニクはすりおろし、ごま油と塩コショウで塩だれを作りました。あとは肉を焼くだけです。

 

豚バラ肉はもちろんながーい切れっぱしなので、半分にしました。
軽く塩をふり、テフロンのフライパンで両面にちょっと焦げ目がつくぐらいに焼きます。油は入れていません。バラ肉からたっぷり脂が出るので。

 

焼けたら皿に並べて上からネギ塩だれをふりかけ、そして最後にレモン汁をたっぷり絞りました。
白ワインを開けてあったので、それをグラスに注いで一杯…そして、熱いうちにとバラ肉をひとくち口に放り込みました。うーん、なんて美味しい!

こんなに簡単でシンプルなのに、ネギ塩だれがレモン汁と合わさって絶妙な味です。
ワインなんか悠長に飲んでいる場合じゃない、と急いで冷凍庫から御飯を1食分取り出して電子レンジで温め、熱い白飯の上に何枚か載せてハフハフと食べ始めました。

 

[temp id=2]