オレンジとショウガ風味のローストダックでシンプルな晩ゴハンを

肉料理
スポンサーリンク

 

「旅行に行く前に食べようと思ったんだけど時間がなくて」と、いきなり友達から丸ごとの鴨(すでに解凍済み)をもらいました。
「でも、骨も入れて2.3キロしかないから4人ぐらいでペロリと食べられるよ」はあ、そうですか。

えーと、わたしはいまだ鴨を料理したことがありません。だって、中華料理店で美味しい北京ダックが食べられるし、フランス料理店では美味しい鴨のコンフィが食べられるからです。牛豚鶏肉と違って高価ですし、それほど沢山の部位がスーパーなどで売っているわけでもありません。

お礼を言ってありがたくいただきましたが、それならばと丸ごとローストにしてみることにしました。

まず、塩と五香粉とオレンジの皮のみじん切りとニンニクとショウガのすりおろしを混ぜ合わせます。それから、それをお腹の壁に塗りたくって、先程皮を剥いたオレンジを6等分にしてお腹に詰めます。最後に残りの材料をまた表面に塗りたくり、足をタコ糸でしばって冷蔵庫で1晩眠ってもらいます。

 

翌日。
オーブンを180度にセットして温めている間に、小鍋にたれの材料を全ていれて強火で煮立たせます。そして、弱火にして10分ぐらい。たれの砂糖が全部溶けてとろりとしはじめたらできあがりです。

 

スポンサーリンク

 

鴨に刷毛でたれをまんべんなく塗り、オーブンにいれます。大体1時間20分から1時間40分ぐらいかかりますので、その間に時々出してたれを塗り直し、またひっくり返してたれを塗ったりと気長に焼きます。

 

できあがったら、今度はアルミホイルに包んで15分ぐらい寝かせます。ローストした肉はこの行程を無視すると固くなりますから、必ず包んで寝かせてくださいね。

 

あとは切るだけ。
炊いておいた白飯と茹でたチンゲンサイで、ほんのりオレンジの香りがするダックローストを召し上がってください。これはもう自分で言うのも何ですが、たれを塗りながら焼いたせいで味に深みがでて、とても美味しいオレンジとショウガ風味のローストになりました。

 

前菜(中華風刺し身とサラダ)も出しましたし、2.4キロもあるとさすがに4人でも残りが出ました。これは、これからお弁当に持って行ったり、チャーハンにしたりと一切れも残さず食べるつもりです。

 

オレンジとショウガ風味のローストダック

肉料理

オレンジとショウガ風味のローストダック

材料

  • 鴨 1羽(約2.4キロ)
  • 塩 大さじ5
  • 五香粉 大さじ1
  • オレンジ(大) 1個
  • ニンニク(すりおろし)大さじ1
  • ショウガ(すりおろし)大さじ1
    ロースト用のたれ
  • 醤油 60ml
  • はちみつ 120ml
  • モラセス(糖蜜または黒蜜)60ml
  • オレンジジュース 400ml
  • ブラウンシュガー(または白砂糖)大さじ2
  • ショウガ(みじん切り)大さじ1
  • 赤唐辛子(スライス) 1本
  • ニンニク(スライス) 2かけ
  • 八角 3個
  • シナモンスティック 1本

作り方

  1. まず鴨を中まできれいに冷水で洗い、水気を拭き取っておきます。
  2. 首の部分の余りを切り取ります。
  3. フォークで皮に数箇所穴を開けておきます。
  4. オレンジは皮を削って6等分にしておきます。
  5. オレンジの皮、ニンニク、ショウガ、五香粉、塩を混ぜ合わせます。
  6. 鴨のお腹と皮の上にまんべんなく塗ります。
  7. お腹にオレンジを6片詰めます。
  8. 足を合わせてタコ糸で結び、1晩冷蔵庫で眠ってもらいます。
  9. 次の日に、オーブンを180度にセットします。
  10. 小鍋にたれの材料を全て入れて沸騰させ、次に弱火にして10分ぐらい。砂糖が溶けてとろりとしたたれになったら、たれのできあがりです。
  11. ロースト用天板に鴨を置き、ソースを刷毛で塗ってオーブンに入れます。
  12. 時々裏返しにしたり、ソースを塗ったりしながら、約1時間20分から1時間40分焼きます。
  13. わたしはオーブン用温度計を使いますが、大体78度ぐらいになったらできあがりです。
  14. アルミホイルにくるんで、15分寝かせます。
  15. 白飯とチンゲンサイなどの茹でた中国野菜を合わせて召し上がってください。
https://gabyskitchen.net/2019/05/15/post-1573/

 

ランキングに参加しています。バナーを押して応援していただけると小躍りして喜びます。
 

 

5