鶏むね肉をレモン、タイム、ケイパーのソースでしっとりと仕上げよう

肉料理
スポンサーリンク

 

以前鶏もも肉をタイムとレモンで漬け込んでから簡単にソテーにしました。ソースなし、のレシピでしたね。

レモンとタイムの絶妙なマッチングでチキンソテーを
料理用のハーブのひとつにタイム(Thyme)があります。香りのよい小さな葉と花を持っていて、日当たりのよい場所に植えれば1年中手軽に料理に使えます。わたしの家の庭にもありますが、今回はバンコクで調理していますので外国人用のスーパーで購入しま...

 

今回はまたそのレモンとタイムを使って、鶏むね肉にちょっとこってりと馴染みのいいソースを作ってみました。鶏むね肉はぷっくりと丸みを帯びていますから、まずラップの間に挟んで肉叩き(またはすりこぎ、または綿棒、またはビール瓶など)で1センチほどの厚みに伸ばします。このほうがフライパンで焼く時に便利です。

 

スポンサーリンク

 

そのあとはもちろん塩コショウして白ワインをまぶしてから、小麦粉をはたいてしばらく置きます。あとは焼くだけですね。小麦粉をはたくのは肉汁を閉じ込めるためです。こうするとちょっとパサパサしがちな鶏むね肉でも柔らかく焼けます。

 

さて、お次はソース。
同じフライパンにオリーブオイルを足して、レモンスライスを少し焼き目がつくくらいに両面焼きます。それから中火にして、バターでニンニクを炒めて香りを出し、白ワインを加えてアルコール分を飛ばします。そこにチキンストック(または固形チキンスープの素を溶かしたものでかまいません)とコーンスターチ(日本だったら片栗粉です)を加えたものを加えてから、強火にして焦げないようにかき混ぜてください。それから中火にして、ほどよくとろりとしたソースができたらレモン汁とケイパーとタイムを入れ、また少しかき混ぜて火をとめます。

 

付け合せにはジャガイモとブロッコリーとニンジンを塩ゆでにしただけです。

鶏肉にはちょっと酸っぱくてこってりしたソースがよく似合います。特に安い鶏むね肉が手に入ったら、ガンガンと叩いてひらたくして、今日の晩ゴハンにいかがですか?

 

鶏むね肉のレモン、タイム、ケイパーソース

肉料理

Servings: 2人分

鶏むね肉のレモン、タイム、ケイパーソース

材料

  • 鶏むね肉 両胸1枚(約400g)
  • 小麦粉 20g
  • 塩コショウ 適宜
  • オリーブオイル 大さじ1
    レモン、ケイパー、タイムのソース
  • レモンスライス 4枚
  • バター 大さじ1
  • ニンニク 2かけ
  • 白ワイン 60ml
  • レモン汁 大さじ1
  • ケイパー 大さじ1
  • タイム(生かドライ)小さじ1
  • チキンスープ 120ml
  • コーンスターチ 小さじ1

作り方

  1. 鶏むね肉を2等分にしてから、ラップにはさみ、上から叩いて1センチ弱ぐらいに平たくします。
  2. 塩コショウして少しワインをふり、小麦粉をはたきます。
  3. フライパンに油を熱して、片面3−5分ずつ焼きます。または焼き目がついて、澄んだ肉汁が出たら火をとめます。
  4. 同じフライパンに中火でバターを熱し、みじん切りにしたニンニクを炒めます。
  5. ニンニクの香りが出たら、ワインを入れて1−2分かき混ぜ、アルコールを飛ばします。
  6. そこにチキンスープとコーンスターチを混ぜたものを入れて強火にし、かき混ぜます。
  7. ソースがとろりとしたら、また火を中火にし、ケイパーとタイムを入れて30秒ほどかきまぜて火を止めます。
  8. 皿にジャガイモとブロッコリーとともにチキンを盛り、ソースをかけて召し上がってください。
https://gabyskitchen.net/2019/05/06/post-1542/

 

ランキングに参加しています。バナーを押して応援していただけると小躍りして喜びます。
 

 

2