おもてなしからひとりゴハンまで簡単レシピはがびのキッチン@オーストラリアで

柔らかい豚ヒレ肉のダイアンソースでちょっとおしゃれな晩ゴハン

ダイアンソースというのはアメリカ肉料理のひとつで、普通は牛ステーキを焼いてからその肉汁にクリーム、バター、コニャックなどを加えて作るリッチなソースのことです。
今日はこれを豚ヒレ肉で作ってみました。豚ヒレは脂肪が少なくてどんなに焼いても固くなりませんから、ステーキ初心者にはうってつけの肉だと思います。

 

まずヒレ肉は大きいままだとフライパンにはいりませんから、4等分にして塩コショウし、バターとオリーブオイル半々を熱して焼きます。片面5分ぐらいです。
肉が焼けたら取り出してアルミホイルで包んでおきます。

 

 

同じフライパンに今度はバターを足し、刻んだニンニクを加えて炒めます。香りがたってきたら、今度はコニャックです。静かに加えたら中火にして煮立たせます。次はウスターソース。そして、クリームを加えてかき混ぜながら少しとろみを出します。最後に刻んだパセリを入れてください。

 

 

肉はカットしてから皿に盛り、茹でジャガイモと縦に切ったアスパラガスとさやいんげんを添えます。最後にソースをたっぷりかけましょう。

 

 

バターとクリームを使っていてとてもリッチなソースですので、付け合せはシンプルに茹でた野菜とジャガイモです。フライパンひとつで簡単にできますので、いい肉が安く手に入ったときなどにぜひ作ってみてください。