おもてなしからひとりゴハンまで簡単レシピはがびのキッチン@オーストラリアで

しつこくもペスト・ジェノベーゼ、今晩は趣向を変えて鶏むね肉のパスタに

たくさん作ってしまったペスト・ジェノベーゼの消費のために、もうひとつレシピを追加しました。

 

簡単なのに美味しい自家製ペスト・ジェノベーゼのレシピ

 

今晩はお待ちかねのパスタ(いや、誰も待ってないって)です。
これが一番ペスト・ジェノベーゼのレシピとしては一般的なのでしょうが、今回はパスタも手作りにしてみました。ご存じの通りわたしの家にはパスタマシーンという強力な味方がいるのです。

 

 

パスタは南ではタリアテッレと呼ぶきしめんのような平らなパスタですが、今回は中部から北部イタリアにかけて呼ぶことの多いフェトチーネのほうにしました。タリアテッレよりほんの少し幅の広いパスタです。1センチぐらいの幅かな。

 

 

一皿メシにするので、野菜は昨日からどうやって食べるか考えていたさやいんげんに、まだ沢山あるベビースピナッチ(サラダ用ほうれん草)を使うことに。お肉は鶏むね肉でヘルシーに。

しかし、最近のさやいんげんはスジを取らなくてもいいから下処理が簡単になりました。昔は1本ずつスジを取らないと食いちぎれませんでしたもんね…。

 

[ad]

 

 

自家製パスタは、やはりこんなふうにふっくらとしていて美味しくできあがりました。パスタがメインのときはやはりその場で作ったばかりのもののほうが、味が全然違います。

あ、でも料理はいつだって臨機応変に。わたしも時間と心の余裕がないときはよく市販のパスタを使います。作るのがめんどくさくない料理が何と言っても一番なのです。