おもてなしからひとりゴハンまで簡単レシピはがびのキッチン@オーストラリアで

ピリリとチリを効かせた海老のサラダで軽いディナーに

日本では指がかじかむほどの寒さなのに、こちらは気温37度の盛夏。
地球の反対側の南半球なので季節が反対なのは当然なのですが、それでもその違いには慣れません。先月一時帰国した東京から戻ったばかりなのです。

 

それでも暑いのでサッパリとしたものが食べたくなります。あまりキッチンに長いこといずに作れる簡単でサッパリしたもの。冷蔵庫にあるものだけでできるサラダ風晩ゴハン。

 

ということで、結局ゴソゴソと冷蔵庫を開けてみたら…ミックスサラダの葉っぱ、チェリートマト、スナップえんどう、そして冷凍庫には冷凍ナマ海老。そして庭には各種ハーブがありました。パントリーにあるジャガイモを茹でて入れたらお腹にもたまります。

 

 

まだ採点が残っているので30分以内に作れる晩ゴハンは嬉しいものです。明日のランチにも持っていけるように、食べるぶんだけにドレッシングをかけました。

 

[ad]

もうひとつ、スナップえんどうですが、サラダにいれるときには茹でないで熱湯をかけて色鮮やかにしてあります。こうするとナマのスナップえんどうの臭みは消えますが、かりかりとした歯ざわりが残ります。こんな工夫も美味しいので、ぜひ試してみてください。