おもてなしからひとりゴハンまで簡単レシピはがびのキッチン@オーストラリアで

平日の一皿ディナーは小エビとブロッコリーニのリングイネで

新学期が始まりました。
オーストラリアの夏休みは長くて7週間ほどありますから、生徒たちはもう学校に戻ってきたくてたまらないようで(いや、勉強したいからという意味ではなく)キャアキャアと楽しそうに友達と再会しています。そんな新学期初めての日の晩ゴハンは、ちょいと疲れてしまっているものでごちそうなど作れません…。一皿でタンパク質も野菜も炭水化物も、となるとやはりささっと作れるパスタになってしまいます。

 

野菜は残り物プラス昨日買ってきたブロッコリーニです。ブロッコリーニというのは日本では馴染みのない言葉だと思いますが、実は日本で開発された野菜です。ブロッコリーの先っぽのつぼみのような部分にアスパラガスのような茎がついていて、茎はブロッコリーに比べて柔らかいのでさっと湯がいたり炒めたりするだけで食べられます。ブロッコリーニが手に入らなければ、ブロッコリーでもかまいません。ただし、下茹でしてから使ってください。

 

あとはズッキーニもチェリートマトもレモンもチリも冷蔵庫に常備してありますし、ハーブ類は庭からいつものようにむしってきました。小エビは冷凍のものをひとつかみ解凍しただけです。

 

 

野菜を切って炒めてその間に茹でていたパスタに絡めるだけですから、20分もあればできてしまう簡単な一皿ですが、きちんと野菜も沢山入っていて、トマトを入れたせいで案外色もキレイにできました。

 

リングイネはフェトチーネよりほんの少し細くて平たいパスタのことです。これはスパゲッティでもかまいません。単に家にあったから使っただけなのです…。

 

日本ではパスタというとトマトソースがまだ主流ですが、こんなふうにトマトを入れるだけであとは塩コショウとオリーブオイルとハーブで味を整えるものも簡単でさっぱりしていて美味しいです。