おもてなしからひとりゴハンまで簡単レシピはがびのキッチン@オーストラリアで

スペイン語ではパエリアじゃない?! 簡単絶品エビとムール貝のパエィヤ

海老とムール貝のパエリア

Paellaはスペインでおなじみの炊き込みご飯料理です。なんで日本語だと「パエリア」になるのか理解できないけれど、実はスペイン語で「パエィヤ」なんです。「パエージャ」という地方もあるらしいけれど、「パエリア」と言ったら絶対スペインでは通じないでしょうね。残念ながら。

発音はこちらをどうぞ。

 

ということで前置きが長くなってしまいましたが、今回の料理はその「パエィヤ」です。
馴染みの魚屋で、ものすごくいい感じのエビがあったので沢山買ってきてしまいました。それから、ムール貝も少し。パスタにするかパエィヤにするか迷ったのだけれど、そう言えば最近パスタは頻繁に食べているような気がするので、コチラにしました。

 

 

パエィヤというとあの巨大な平たい鉄鍋で炊くのを見ますが、あれは普通の家のキッチンでは使いこなせません。わたしは、だからフライパンで作ってしまいます。簡単ですし、気軽に晩ゴハンにもできます。

材料が多いので恐れをなすかもしれませんが、切って炒めて炊くだけなのです。ただし、絶対に米を洗わないでください。リゾットもパエィヤも米を洗わないのが鉄則です。そして、もうひとつ。米を炊いているときには蓋をしないでくださいね。エビとムール貝に火を通すときだけ蓋をします。

 

例によって、剥いたエビの殻は水から煮てエキスを抽出させます。これでご飯を炊いたら、チキンスープだけで炊くより絶対おいしいですよね…いや、おいしかったです。もう、食べてしまったので。残りはもちろん明日のランチに持って行きます。

 

エビの殻のエキスが750mlに足りないときは、チキンストック(またはキューブのチキンコンソメをお湯に溶かしたもの)を加えて適当に750mlぐらいにしてください。

 

また、わたしはイタリアのアルボリオ米を使いましたが、日本米でも十分イケると思います。