タイ風グリルドチキンの絶妙マリネのレシピだけは絶対覚えてほしい

タイ風グリルドチキン4 肉料理
スポンサーリンク

オーストラリアに移り住む前には、タイに12年ほど住んでいました。でも、もうオーストラリア滞在のほうが長くなってしまったんですね…感慨深いです。

 

さて、タイでの楽しみのひとつに屋台めぐりがあります。珍しい食べ物やどこかで見たことのある食べ物など、あの夕方の美味しい香りは食欲をそそるものです。

 

 

その中のひとつがガイ・ヤーン、平たく開いて1日マリネしておいた鶏の丸焼きを炭火でじっくり焼いてくれます。小さな屋台の上のほうについた煙突から煙がモクモクと上がっていますから、その美味しそうな香りとともに、今でも思い出すと喉が鳴るほどです。

「それをひとつちょうだい」と言うと、平たい丸焼きを丸い木製まな板の上に乗せて、中華包丁で豪快にカットしてくれます。そして、ビニール袋に入れていくつかチリソースももらったら、あとは家に帰って食べるだけです。

 

 

 

懐かしく思い出しても、こういうものはオーストラリアでは見かけません。レストランに行けばあるのでしょうが、実は、わたしはオーストラリアにあるタイ料理レストランがあまり好きじゃないのです。どう考えても砂糖の入れすぎ。砂糖やチリなどはタイの屋台などでは別々にテーブルにありますから、自分の好みで甘くしたり辛くしたりできるのですが、こちらのレストランではそれがすでに混ぜてあるんですね。

 

そんなわけで、自宅の庭のバーベキュー機を使ってよく自分でマリネした鶏肉を焼きます。マリネ液に1日漬けておいてから焼くだけですから、日本の魚焼き器やオーブンでもできると思います。とても簡単にできるのに、とびきり美味しいグリルになります。
騙されたと思って、どうぞ作ってみてください。絶対リピート間違いなしですから。

 

 

マリネ液に漬けるのはボウルよりジップロックのほうが浸かる面積が広いので早く効率的に液が染みると思います。フォークで少し肉に穴を開けてから漬けるのも大事です。

 

また、まだあまり浸かっていないようでしたら、液をかけながら焼いてくださいね。

 

晩ゴハンには冷蔵庫に残っていたマンゴーとアボカドを使ってサルサにしましたので、それも付け合わせとしました。かぼちゃとアスパラガスは鶏肉と一緒にバーベキューでグリルにしました。

サルサのレシピは昨日公開したこちらです。

甘くてしょっぱい?簡単でおいしいマンゴとアボカドのサルサレシピ
冷蔵庫を開けたら、うわ…マンゴもアボカドももう数日前から入れっぱなし。 さっそく「何かいっぺんに作ってしまおう」というのが、ズボラなわたしの特徴と言ってもいいかもしれません。 先日のスイカサラダもそうですが、スイカもマンゴも...

 

グリルは沢山作ってしまったので、これから手を変え品を変えランチに登場することになりそうです。サラダに混ぜてもいいかなと思っています。それから、チャーハンにも。

 

【追記】

妹から「レモングラスなんて東京のはずれじゃ買えないよ」と言われたので、こちらに通販で買える場所を記しておきます。レモングラスの風味がないとやっぱりタイ風じゃなくなってしまうので。

 

タイ風グリルドチキン

肉料理

Servings: 2−3人分

タイ風グリルドチキン

材料

  • 骨付き皮付きチキンもも肉 500g
    マリネ液
  • レモングラス(生) 
  • ニンニク 3かけ
  • レモン汁 大さじ1
  • 赤唐辛子(生) 小1本
  • ナンプラー 大さじ1.5
  • 中華料理酒またはミリン 大さじ1
  • ごま油 小さじ1
  • 砂糖 大さじ2
  • 黒こしょう 小さじ1/2

作り方

  1. ボウルにマリネ液を作ります。
  2. レモングラスは白い部分だけみじん切り、ニンニクも赤唐辛子もみじん切りにします。
  3. 材料を全て混ぜ合わせてから、大きなジップロックに入れ、そこに鶏肉を入れてグニュグニュし、きっちりと閉めてから、冷蔵庫に入れます。そのまま1晩置くか、またはその日の朝に漬けて夜焼くかしてください。時々まんべんなく返して漬けておいてください。
  4. グリル、魚焼き器、またはオーブンを200度に熱してから中までじっくりと焼きます。オーブンで焼く場合は乾きすぎないように、時々マリネ液をかけてください。
https://gabyskitchen.net/2018/11/30/post-566/

13