おもてなしからひとりゴハンまで簡単レシピはがびのキッチン@オーストラリアで

混ぜるだけレシピ!エキゾチックなデュカでエジプト料理の味と香りを

デュカ2

デュカ(Dukkah)はエジプト料理の調味料です。主に前菜としてパンとオリーブオイルと一緒に供されます。

かなり前中近東料理に凝っていたときから、色々な材料を混ぜてわたしなりに工夫してきました。一度凝ったらとことん食べ尽くすのは、母からの遺伝と思われます。(母はわたしがお腹にいた時に、祖母を強引に連れ出してラーメンを食べ歩いたので、わたしもラーメン好きになってしまったのですから)

 

そんなわけで、過去に色々と混ぜ合わせてきましたが、今回のものは現在のところパントリーにまだ沢山残っている自家製デュカのレシピです。

まずヴァージンオリーブオイルにパンを浸し、それからデュカをたっぷりつけてかぶりつきます。白ワインにも赤ワインにもビールにも合います。

 

 

デュカは前菜として楽しむだけではなく、魚や肉にまぶして焼くこともできます。ちょっと変わった味と香りを簡単に楽しむことができるのでとても便利です。作るのは簡単なのに、応用範囲が本当に広いんです。
サラダにぱらぱらと振りかけてもいいし、パスタに混ぜてもいいと思います。先日などピタ(丸くて薄いパン)にオリーブオイルを塗ってこのスパイスを降り、オーブンで焼きました。「何もないときのちょっとしたおつまみ」と思って出したのに、もっと作れと催促が来たくらい評判でしたよ。

 

また、乾燥した材料だけで作っているのできちんと閉まる瓶などで保存できます。わたしのデュカもすでに1ヶ月もたっていますが、まだ味と香りは変わっていません。