おもてなしからひとりゴハンまで簡単レシピはがびのキッチン@オーストラリアで

ストレス解消レシピ!キッチンにあるもので甘さひかえめのマフィン

ミューズリーマフィン5

ストレス!
嫌な言葉ですが、まあ、仕事をしている限り誰でも直面する問題です。それが一度にふたつもみっつもやってくると、もうイライラと気ばかり焦って何もできません。猫たちはちょうどお昼寝の時間帯で全く相手をしてくれないし、友達はまだ仕事をしている昼下がり。

 

 

こういうとき、わたしはキッチンに入ります。とりあえず何か作り始めれば結構気が紛れるものです。

 

晩ゴハンを作るにはまだ早いので、お茶の時間にちょっとつまめるものを…と考えたら、一番簡単なのはマフィンです。混ぜるだけでできてしまいますからね。

材料は、ちょっと甘すぎて食べるのをやめてしまったミューズリー。ドライフルーツは入っていませんが、ナッツが少々入っているものです。冷蔵庫を探したら、オレンジがひとつと萎びたリンゴがありました。これも使ってしまいましょう。

 

 

なんだか残り物整理のマフィンのようになってしまいましたが、できたてのふわふわマフィンを口に含んだら、美味しくてニコニコしてしまいます。ストレス解消にもってこいですね。

 

 

それから、このマフィンには砂糖を使っていません。ハチミツとミューズリーの甘さで十分かなと思ったのです。できあがってみると、甘さ抑えめの朝食にピッタリのマフィンになりました。明日は、これを午前中のおやつの時間にひとつ学校に持って行くつもりです。

 

材料のバターミルクですが、ミルクでもいいと思います。でも、バターミルクを使うとその酸がデンプン質を分解するので、もっとしっとりと柔らかくなるんです。面白いでしょう?