おもてなしからひとりゴハンまで簡単レシピはがびのキッチン@オーストラリアで

海老の殻は捨てないで隠し味に♪ 海老とルッコラのカペリーニ

海老とルッコラのカペリーニ

実は、がびんちの秘伝パスタ(などと少々おこがましいのですが)というのがあります。
たぶん20分もあればできてしまうスピード料理なのですが、なにしろソースは使いません。材料もシンプルです。でもひとつだけ「秘伝」にしておきたいくらいの隠し味があるのです。

 

海老の殻のエキスです。

 

海老は必ず殻付き頭付きのものを使い、殻と頭を外したらそれでエッセンスを作るのです。煮詰めたら、それが隠し味として素晴らしい役目を果たします。

 

 

このパスタ料理でわたしが使うのはカペリーニという極細のスパゲッティーです。英語ではエンジェルヘアとも言いますが、「天使の髪ほど細い」という意味でかわいらしいではありませんか。このカペリーニは細いだけにソースの絡み具合が完璧で、今回のようにソースらしきものがあまりないさっぱりしたパスタ料理には特によく合います。

ただし大体2分ほどで茹で上がってしまいますので、茹で始めたらもうつきっきりです。何が何でもアルデンテ、です。

 

 

日本のスーパーでも最近はではたまに見るルッコラは、英語ではロケットと言います。このゴマ風味の葉野菜は生で食べてよし、さっと今回のように火を通してもよし、わたしの大好きな野菜のひとつです。

 

シンプルなチリとレモンとオリーブオイルだけが基本のカペリーニですが、材料がいいだけに、もう香りを楽しんだだけでお腹がぐうと鳴ります。海老殻エキスのしみたカペリーニを歯ざわりのいいぷりぷりの新鮮な海老にからませて、さあ、食べてみてください。