おもてなしからひとりゴハンまで簡単レシピはがびのキッチン@オーストラリアで

エスプレッソ・マティーニで作る禁断のコーヒーゼリー

エスプレッソマーティ二のコーヒーゼリー2

近くのパブでは、日曜日のみエスプレッソ・マティーニが10ドル(約800円)になります。次の日には仕事が待っているひとが多い日曜日、客が少なくなるのを見越して投入するイベントなのでしょう。

 

エスプレッソマティーニというのは、どちらかと言うと最近発明されたカクテルで、エスプレッソ珈琲1:ウォッカ1:カルーア1という割合のカクテルです。好みでシロップを足すこともあります。

 

 

わたしも大好きで、日曜日の夕方にはこれを楽しみに時々友達とパブに足を運びます。ただし、カフェインのせいで眠れなくなるので5時前には家に帰ることにしていますが…。

 

さて、ネットで日本のコーヒーゼリーの画像を見て懐かしんでいたのですが、もしかしてこれをエスプレッソ・マティーニで作ったっていいのではないかという「悪魔のささやき」がアタマに浮かびました。ゼラチンを足せばいいだけのことですよね。

 

 

かなり美味しいです。
なんだかパブで飲むエスプレッソマティーニより強いような気がするのは、わたしのウォッカの量がちょっと多すぎたからかもしれません。しかし、こんな強い酒と強いカフェインのゼリーをつくってしまって、わたしは今晩眠れるのでしょうか。