おもてなしからひとりゴハンまで簡単レシピはがびのキッチン@オーストラリアで

オーストラリアの定番お菓子、ブルーベリーマフィン

ブルーベリーマフィン

オーストラリアのブルーベリーはその75%以上が国内消費です。ただし、雪が降るほど寒くならない西オーストラリアでは育たないとみえて、もっぱら東のニューサウルウェールズ州とヴィクトリア州、そしてタスマニア州で生産されています。

 

オーストラリアのブルーベリーは10月から2月までがピークで、最近ではずいぶんと安くなってきました。

 

今日はスーパーのセールで小さな平たいケースに入っているものが2ドル90セント(約240円)でした。これならたっぷり使ってマフィンができます。

 

 

マフィンはあまりにも簡単なので時々おやつ用に作りますが、わたしのはあまり甘くない「さっぱり系」と言ってもいいと思います。オーストラリアで市販のマフィンは、とても甘くてひとつでランチに十分というくらい大きいのです。

自分で作ったほうがおやつぐらいのサイズになりますし、甘さも調節できます。余ったらZIPロックの袋に入れて冷凍しても1ヶ月はもちます。

 

 

ブルーベリーの代わりにバナナやリンゴやチョコレートチップなどでも混ぜるだけで簡単に作れます。色々と試せるので便利なレシピだと思います。
近いうちに色々なマフィンレシピも紹介しますね。