2018-10

垂涎の日々

升酒と口紅

バンコクに住んでいたその女性は、柳腰に大きな切れ長の眼、ちょいと化粧をして口紅を塗っただけで、周りのひとびとをはっとさせるほど、華やかな美しいひとでした。 日本酒が大好きな彼女は、わたしと年が近いこともあって、よくバンコクの居酒屋で大酒を...
野菜料理

地中海の味を楽しむアーティチョークのロースト

アーティチョークを初めて食べたのは、春のパリでした。 そのころのわたしはアーティチョークなんて名前しか知らなかったので、友達の家でお湯がグラグラと沸いている横に巨大な緑のツボミが沢山並んでいてビックリしました。何だコレは。 ...
肉料理

冷凍庫保存もできる豚肉の味噌漬けステーキ

わたしは西洋料理も好きですが、時々白飯に味噌味のものが食べたくなります。そんなときに登場するのがこの味噌ダレに漬けたステーキなのです。すぐに食べるのでなければ、前の晩にタレに漬けて冷蔵庫に入れておきます。ステーキ用豚肉ロースを柔らかくするに...
垂涎の日々

いさぎよく、アルデンテ

イタリア系のおっかさんは、背と幅が同じサイズではないかと思われるほど、コロコロと太っていました。 スイス・チューリッヒ時代の友達の母親でしたが、彼が日本滞在中にわたしの母の世話になったこともあって、それ以来とても親しくしていたのです。 ...
肉料理

ポロ・アラ・カチャトーラは狩人風鶏肉のトマト煮込み

わたしのイタリア料理レシピは、そのほとんどがもう20年以上前、スイス在住のときのものです。 スイスの公用語は4つ。ドイツ語、フランス語、イタリア語、そして少数ではありますが古代ラテン語から引き継いでいるレトロマンシュ語。そのひとつのス...